一寸法師マークの「かね善」
トップページへ和食器洋食器ガラス器中華食器お箸、ナイフ・フォークキッチン道具ブランド別その他
器の扱い方
陶器と磁器の違い 新しく陶磁器を買ってきたら
お料理を盛る前に 電子レンジは使っていいの?
洗い方 漆器の取り扱い
ガラス器の取り扱い 収納の仕方
陶器と磁器の違い






やきものには「土もの」といわれる陶器「石もの」といわれる磁器があります。
陶器は粘土からつくられており、吸水性があります。汚れが染み込みやすく、ほっておくと臭いやカビの原因になります。お使いになる前に水分を含ませてからお使いなる事をおすすめします。
磁器は陶石を砕いた粉からつくられており、吸水性はありません。焼きが硬く、質が緻密です。
陶器は土が主体で、叩くと低く鈍い音がします。一方磁器はガラス質に近いので、叩くと高く澄んだ音がします。
新しく陶磁器を買ってきたら



ザラついた高台の糸底は、目の細かい砥石やサンドペ−パ−で 軽くこするか、二個の食器の糸底を合わせて丁寧に円を描くようにすりあわせて 滑らかにします。そのままにしておくとテーブルを傷つけたり重ねたときにほかの器を傷つけるもとになります。
上の写真のように糸底を
合わせ円を描くように
擦り合わせます。
(あわてると高台が欠ける
恐れがありますので
ご注意下さい。)





食器にシ−ルやラベルが貼ってある場合は、しばらく水に浸しけおけばはがれやす くなります。 それでもはがれない時は、水気を拭き取りドライヤ−の温風を当てるとのりが溶けてはがれ やすくなります。
陶器の場合、使う前に一度煮沸すると多少、土の焼き具合を絞めることになり汚れがしみにくくなります。 器を入れた鍋に器がかぶる位の水を入れ約30分煮沸し、(ただし、あまり強火で煮沸しすると食器同士がぶつかり合って破損してしまいますので、ご注意下さい。)そのまま自然に冷まします。 この時米の研ぎ汁で煮沸すれば土肌の目を埋めることになり水もれなども防げます。
お料理を盛る前に




陶器の場合、お料理を盛る前にしばらく水に浸しておき、かるく拭いてから盛り付けします。こうすることにより臭い、汁気、油気が染み込みにくくなります。また、粉引や貫入の器ではグレーっぽい斑点が出たり、細かいひび割れが浮き出る場合がありますが、水分が土に浸透している現象ですので心配なさらないでください。
粉引とは本来の土の上に白土を掛ける技法のことで、
素地(きじ)の上に白い化粧土を掛けて焼成したものです。
貫入の器の例です。(貫入とは素地(きじ)と釉薬の収縮率の
違いにより釉面にあらわれるヒビのことです。)
電子レンジは使ってもいいの?




電子レンジの中は高温になるのであまり使わない方がいいでしょう。
金銀彩が入っている器は、その部分が黒ずんだり、はがれたりすることがあります。貫入のある器はレンジで使用すると割れることがあり、何度か使って割れなくても、もろくなって自然に割れてしまうこともありますのでご注意下さい。
洗い方




使い終わったら、早めに水につけ中性洗剤で洗って下さい。
陶器の場合、あまり長時間浸しておくと素材の特性上、汚れや洗剤が染み込んでしまい臭いやカビの原因になりますので早めに洗って下さい。また、漂白剤等も極力使用は避けて下さい。
色絵や金銀彩の場合、強くこすると上絵等がはがれたりすることもありますので柔らかいスポンジでやさしく洗って下さい。
漆器の取り扱い





新しい漆器は、漆の匂いがあります。直射日光の当たらない風通しの良い処にしばらく放置してからお使い下さい。
洗う場合は、柔らかいスポンジで必ずぬるま湯か水で洗って下さい。ちょっと熱いかなと思う程度の湯沸かし器のお湯でも漆の表面がくもったように光沢がなくなります。
つけおきや食器乾燥機の使用も厳禁です。(ひび割れの原因になります。)
ガラスの取り扱い










ガラス器には大別して、日常生活に多く使われているソーダガラス、美しい輝きのあるクリスタルガラス、そして、温度変化に強い耐熱ガラスがあります。
ソーダガラスは最も普及しているガラスで、熱にはあまり強くありません。最近よく見かける強化ガラスもソーダガラスを部分的または全面的にひび・割れに対して強化を施した物ですので、熱には強くありません。(耐熱ガラスとは、区別して下さい。
クリスタルガラスは、透明度がよく、重量感があり、澄んだ打音がします。
耐熱ガラスは、熱に対して伸びたり縮んだりする「膨張係数」が小さいので急激な温度変化に強いものです。
用途に合わせてお使い下さい。
洗う場合には出来るだけ他の食器(特に油汚れの付いたもの)とは別にして下さい。他の汚れがガラスの表面に付き、くもりの原因になります。
収納の仕方





陶器の場合、ふきんで水気をとった後、すぐには片付けないで十分に乾燥させてから収納してください。乾きが不十分ですとカビが生える原因となります。
重ねて収納する場合は、食器同士で傷つけてしまう恐れがありますので、ペーパータオルや和紙等を間に挟んでください。
漆器の場合は、ふきんで水気をとった後、もう一度乾いたふきんでふきあげ、風通しの良いところにしばらく放置します。その後直射日光が当たらず、あまり乾燥しない処に収納して下さい。(乾燥しすぎると漆の表面や素地がひび割れることがあります。)

一寸法師マークの「かね善」

Copyright(c)1996- KANEZEN Corp.Aichi Japan All rights reserved